医療過誤

医療過誤について

ご自身あるいはご家族に対する医師の治療に問題があり、これについて損害賠償を求めたいときは、まず、弁護士にご相談下さい。医療機関の責任を追及するには専門知識の壁があり、容易ではありませんが、当事務所ではこのような医療過誤問題も取り扱っております。

医療過誤事件の流れ

医療事件の場合、カルテなどの客観的資料を調査したり、第三者医師などの専門的意見を確認した上で、医療ミスがあるとの判断に至った場合にのみ、相手方医療機関への損害賠償請求や訴訟という具体的行動は起こすことになります。

① 調査

まず、カルテ等の診療記録を入手します。本人ないし家族が医療機関から直接入手する方法もありますが、改竄のおそれがある場合には、裁判所に証拠保全の申立をすることもあります。その上で、協力医の専門的意見を参考にしながら、医療機関の過失の有無を検討していきます。

② 示談・調停

調査を踏まえて、相手方に対する損害賠償請求を行います。弁護士が医療機関に対して損害賠償を求める文書を送付し、示談交渉をすることもありますが、簡易裁判所に民事調停を申し立てて調停委員を交えて交渉をすることもあります。民事調停の調停委員には多くの場合医師が含まれており、専門的知識をもとに解決方法を模索してもらうことも可能です。

③ 訴訟等法的手段

交渉による解決が困難である場合、訴訟を提起することになります。訴訟において医療機関の過失及び過失と損害との因果関係が認められれば、損害賠償を命じる判決が下されます。

関川法律事務所 法律相談受付時間 平日9:30~21:00 お電話はこちら 06-6121-2931
関川法律事務所 法律相談受付時間 平日9:30~21:00 お電話はこちら 06-6121-2931